のどの奥が固まるような気分でした

最近ですが地元の友人が、ダンナ浮気してるみたいだよと教えてくれました。

なので、友人宅のPCを借りて探偵社を捜してみたのですが、該当ホームページがぞろぞろ出てきてびっくりしました。

安いところでいいやと思ったのですが、2社のうち、応対が優れていて値段も高くない興信所に、浮気調査を依頼しました。

覚悟していたとはいえ、証拠を見てしまうと、のどの奥が固まるような気分でした。

パートナーの浮気に気づいたときは、ひとまず、今後の対処をはかるためにも、気分を落ち着けて、毎度の自分を取り戻すことが大事です。

浮気した相手を、再びうけ入れることができないのであれば、離婚だの慰謝料だのも考慮していかなければなりません。

面倒でも双方で会う時間を作り、これからどうするか、しっかり相談することを御勧めします。

浮気調査を探偵に依頼するとき、本人に知らせずに尾行したり、聞き及んだ情報等をクライアントに報告する探偵業というのは、違法ではと心配に思う人も多いようです。

しかし、探偵業法という法律のおかげで、業者や調査員個人の法意識は高いので、心配はご無用です。

この法律が発効されたのは、平成19年です。

それ以前は、探偵の業務に関する全国共通の規定というものがありませんでした。

そのため、悪徳業者による詐欺行為や、不当な請求といった被害から個人を保護するために、この法律が制定されたのです。

業界で名のしれた会社が、絶対的に優秀だとは言い切れませんが、比較的規模の大きな探偵社を選ぶと、リスクを避ける事ができるのでオススメです。

小規模な調査会社の中には、きちんとした探偵業務も行なわずに、見積りと全然違う料金を請求してきたり、費用の説明が不十分なところもあるからです。

もちろん、電話での応対や事務所スタッフの説明の仕方なども重要です。

それと、パートナーの不倫を疑って、探偵業者に調査を依頼する際は、相応の額が必要です。

だいたいの費用ですが、不倫の調査などで3日で12万ないし14万くらいが必要です。

費用は依頼内容や調査期間によって変わりますが、どのような調査を依頼する際でも、50万から60万くらい用意しておくといいと思います。

フィクションの世界ならともかく、現実の探偵の手法として、誰かの後をつける尾行を連想する人は多いです。

対象にそれと悟られないよう行動を見守り、依頼人の求める証拠を見つける調査です。

調査が発覚したというケースは極めて稀ですが、探偵は調査対象者の行動をある程度は、予測しておかなければなりません。

予想しえないことに備えて動くのが、ごく普通の探偵の業務なのです。

特に不倫調査なんて要らないと言われれば、たしかに個々の自由だと思います。

でも、ふとしたことがきっかけで、不倫に発展することがあるので、男だらけの職場でも用心すべきです。

出会いが少ないところほど、たまに来る女性が華やかに美しく見えるのです。

挙動が不審で不倫の疑いがあるなら、不倫の調査の比較サイトで、探偵を使って調査してもらった方がいいと思います。

そうすると、いたずらに心配せずに済み、精神的にも負担が少ないと思いますよ。

 

 

普段より運命的に感じられる

懐かしい同窓会やサークルのOB会などの出会いは、禁断の恋に陥る危険性が高いです。

以前ときめいた相手と距離が近づいたり、同じ学校で席を並べていたという気易さから、異性に対する警戒心が薄れるのでしょうね。

そして、その時の出会いは、普段より運命的に感じられるのだとか。。。

クラス会が終わってから、いままでと違った行動パターンをとるようになったら、不倫か、その一歩手前にいるのかも知れません。

探偵社に任される仕事というと、その大半は不倫関連の調査です。

探偵がどんな仕事をしているか、浮気調査の場合で取り上げてみました。

標準的な不倫調査としては、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、調査対象の追尾を行います。

相手が警戒していることもありますから、不倫の可能性が高そうな日時を狙って、浮気の裏付けをとります。

一番明らかな証拠は、やっぱり写真ですね。

一時的な遊興や逃避で初めた交際だったとしても、妻にとっては不倫は、人生観さえ変えかねない大問題です。

そんな不埒な行いを、このまま野放しにすることはできないと思います。

また、浮気の証拠といったら、身近なところで携帯電話の電話帳や履歴のチェックです。

肌身離さず持っているようなら、メールやラインなどを使って連絡をとっていると考えるのが妥当です。

不倫を辞めた原因として、やはり一番多い答えは、「ばれてしまったから」です。

とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのは、そう簡単ではありません。

なので、そういったことを専門にする探偵会社に、不倫の調査を依頼するのが、効果も高いうえ確実です。

会社規模が大聴ければ大きいほど、100パーセントとは言いないでしょうが、比較的規模の大きな探偵社を選ぶと、損はないと思います。

中小にも良い会社はあるはずですが、中には満足な調査をせずに完了したと偽り、価格の高い料金をとったり、コストテーブルの説明すら濁すところもあるとか。

そのほか、話をしたときの相談員の対応や契約に関する説明の詳しさなどは、良い検討材料になりますね。

調査会社に探偵を依頼する時に心配なのは、やはり支払い面でのことです。

コストテーブルがあるとはいえ、依頼内容によって変動してきます。

素行関連の調査などの場合、とくに浮気なら、1時間前後の調査を依頼したときの値段は、2万円前後です。

相場を知ったところで、結局はオーダーメイドですから、実際に電話で相談して、価格を聞いてみるのが簡単です。

どうやったら探偵を雇うことができるのかというと、探偵業務、興信所業務を行っている会社に頼むのが、やはり一般的ですね。

きちんとした会社に仕事を依頼するには、複数を比較することがコツです。