外来生物の除去 | シロアリ駆除などを利用し安全で衛生的な住宅作り|駆除ナビ

外来生物の除去

害獣の被害に遭った時には

近年、山や森の開拓によって住処を奪われた動物が、さらにはペットとして飼われていたが逃げ出した、捨てられたなどによって放たれた動物が多くなっているのです。こういうことは昔からあったものですが、最近は数が増えてきて、さらには山間部や郊外ではなく、都会のど真ん中でも見かけて被害が多くなっているのです。それゆえ最近は害獣駆除が他人事ではなくなり、特に横浜市などハクビシンの被害が増え続けていて、行政として害獣駆除に取り組んでいるのです。そもそも害獣とは何かというと、漢字の意味そのままに害となる獣で、最近になって特に多いのはネズミやハクビシン、イタチ、アライグマやコウモリが一般的なものとなっているのです。

専門家に任せる方がいいのです

それではそういった動物が家に入り込んだらどうなるのか、簡単に言えば家中を荒らされることになるのです。まずは食べ物を漁っていくので侵入しているかどうかはわかりやすいのですが、どんな動物であるのかを調べる必要があるのです。ただし害獣駆除は危険を伴いますし、動物によっては鳥獣保護法で規制されているものもいるので、被害があると確信したら行政や専門の業者に連絡することが大切なのです。その上でどんな動物が侵入しているのかを調べてもらい、そこから害獣駆除を行っていくのです。とにかく大切なのは一人で捕まえたり駆除をしたりしないこと、動物は病原菌を持っているものも多く、見た目以上に危険なので近付くことは禁止なのです。