人間が受ける被害

人間の体に害を及ぼすその前に

住宅地等で見られる害獣で典型的なものは、クマネズミやドブネズミといったネズミ、ハクビシン、イタチ、アライグマ等ですが、こうした害獣は食材かじったり、糞尿、ダニノミ、そして汚臭を撒き散らします。これらは人体に感染症や食中毒と云う多大なる影響を与えますので、余裕を持って害獣駆除等と云う生易しい事は言ってられないのです。害獣駆除専門業者に頼む事が一番ですが、依頼するまでも何とか害獣駆除対策をしておきたいと云う方には、通信販売での害獣駆除グッズ購入をお勧めします。害獣の中には、先程も述べたように殺す事を禁じられているものもいますので、どの種類の害獣なのかをよく確かめ、忌避剤等を使ってうまく外に追い出す事も必要です。

害獣駆除専門業者に依頼した場合

こうした害獣駆除ですが、程度により酷いものですとやはり、害獣駆除専門業者に依頼する事が大切だと思われます。なぜなら一般人がする害獣駆除は害獣を捕獲や処分してしまえば終わりになっている事が多いからです。現在、インターネットにおいても複数の害獣駆除専門業者のホームページを閲覧する事が出来ますが、殆どの業者において糞尿清掃、殺菌消毒作業、ダニノミ消毒、害獣がいたとされる天井裏等の修繕工事が施されており、その作業地域も全国に分布しています。害獣被害は時間を問いませんので、24時間受付している所や、年中無休体制で臨む業者が大半であり、安心していつでも依頼出来るシステムを形成しています。また、害獣とはいえど1つ1つの命ですので、忌避作業以外で殺処理した害獣等は、業者がまとめて供養を行っている事が多く、生き物を駆除する仕事として徹底した姿勢が伺えます。